★Smiley★の微笑み!!
読書とネットサーフィンが好きなSmileyの日々の出来事と、日常の妻との出来事をアカハダカハダカに綴ります。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「凄絶な生還-うつ病になってよかった」
 妻が借りてきた、うつ病になった役者「竹脇無我」のうつ病克服の体験本を読み終えました。
凄絶な生還(うつ病になってよかった)-竹脇 無我 父を「自殺」というショッキングな形で亡くした。
 後に父は許容量を超えた仕事によって「うつ病」で自殺したことがわかる。

 そして、役者として歩みだした身に襲い掛かる「倦怠感」「希死念慮」を乗り越えた実録体験記。

 どの「うつ病」の関連本も必ず同じ内容が書かれている。

 1.「うつ」は必ず治る病気(本書では、「死にさえしなければ…と記述)
 2.治療に必要なのは4点
  1-休養 2-薬 3-治したいと思う気持ち 4-周囲の理解と支え

 である。全くその通りだと思った。特に4の周囲の理解と支えはなにものにも変えがたい大きな安心・支えとなる。
 妻も、私が「うつ」になってから様々な関係本を読み、気長に支えてくれている。本当に感謝している。

 著者は常に「死んでしまいたい」という意識があったと言うが、幸い私は「死にたい」と思ったことはなかった。
 今は、昨年の同時期と比べても明らかによくなったと自分では感じている。
 ただ、著者が「死にたい」と言ってマンションの屋上にあがるも、結局死ぬことが出来なかったことは、今の私の気持ちの中にある、「次の一歩を踏み出さなきゃ」と思いつつも踏み出せないことに似ている気がする。

 病院の先生は「希死念慮」について、本人の意思とは関係なく「脳が何かに支配されてしまって起きる考え」と言われるがその通りだと思った。
 うつの時には、何もする気が起きず、考えること全てが否定的・悲観的に考えがちだから。

 最後に著者がサブタイトルにもなっている「うつになってよかった」と言っている部分も大きくうなずけると思った。
 ならないに越した事はないが、なる事によって普段目を向けることのなかった部分に目をやることが出来るし、普段にはない家族の結束も生まれてくると思う。
 特に私は、妻の影響もあると思うが「本」を読むことが好きになった事はこれから、元気になって社会に復帰するためには大いに役立つことだと思った。
 妻には感謝したい。早く、社会に戻れる日が来るといいな!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ウツの本
私はほとんど読んでないなー。
ウツになってから読書ができなくなったせいでもあるし、家族の中で私だけが本を読んでもしょうがないって気持ちもある。
うちは父があまり理解を示してくれないから、家族の支えが必要、ってあんまり目にすると悲しくなっちゃうんだよね。
もちろん母と妹は支えてくれているけどね。

それと、こうやってネットで今でもお友達として付き合ってくれている仲間、特にSmileyとみきさんがいるから頑張れてると思う。
いつもコメントありがとね。
私はめったにコメントしないのに(^_^;)
2005/08/03(水) 16:35:15 | URL | かな [ 編集]
コメントありがとう!!
早速、ありがとう。
そうだよね、普通は読めなくなるんだよね。
僕は逆?!なんだよね。
うつの本はどちらかって言うと家族向けなのかもね。
僕の場合、妻が読んでるから一緒になって読んでるけど。

こちらこそ、いつもかなさんのブログ見るのを楽しみにしてるんだよ。
せっかく、面接も一緒で同期で入った仲間だし、これも何かの縁だよね~。
2005/08/03(水) 16:57:27 | URL | Smiley [ 編集]
面接、懐かしいね~
5人もいたのに私たち隣同士だったよねv
ほんとに縁があるんだね~
これからもヨロシクね(^^)v
2005/08/03(水) 17:00:56 | URL | かな [ 編集]
家族の支え、果たして私の家族は支えになっているのか?実は私の母も同じ病気で、その時は、かなり私が支えになっていました。そんな訳で私が母に頼る事はできません。今はブログの皆さんが支えかな?不思議な事に病気の酷い時は活字が全く読めなくなりますね~。今は普通に読めるので良くなってる、って事ですね。
2005/08/03(水) 17:41:35 | URL | マコレハム [ 編集]
コメントありがとう。
>かなさん
 引き続きコメントありがとう。何かチャットやっているみたいだね?!
 そうだよね、隣り同士だったよね。
 いつも思うけどひういう「縁」って大切にしなきゃって思うよ。
 こちらこそヨロシクね!!

>マコレハムさん
 きっと、旦那さんもお子さん達も心配してるはずですよ!!
 ブログでコメントをもらうのもすごい支えになりますよねっ!!

 僕が本を読むようになったのは、「うつ」にかかってそれが気になって読み始めたんだと思う。絶不調時は、どんな時でも眠たくって読み進められなかったし…。
2005/08/03(水) 18:24:05 | URL | Smiley [ 編集]
ご無沙汰です~
竹脇さん、最近テレビに出てますね。
少し前に雑誌・・・?あ、違うかな。ネットかな、で、うつだったと告白されている記事を読みました。
私は「支え」にはなってないですね。「放置」ぎみ?かな。
干渉されるのが嫌いな旦那だからそれでいいのかなー。なーんて自己弁護。
2005/08/04(木) 00:00:41 | URL | よし [ 編集]
あっ、よしさんだー!!
ネット、復活したのですね。おめでとうございます。
竹脇さん、テレビに出てます?私あんましそちら系のテレビ見てないから…。

「支え」にはなっていると思いますよ。竹脇さんの本でも、黙って見守ってくれているってのも励みになったって書いてあったですし…。本人の性格の問題もあるから。
また、訪問お待ちしてますねぇ。
2005/08/04(木) 06:35:35 | URL | Smiley [ 編集]
コメントを投稿する

プライベートメッセージにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved | Written by Smiley | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。