★Smiley★の微笑み!!
読書とネットサーフィンが好きなSmileyの日々の出来事と、日常の妻との出来事をアカハダカハダカに綴ります。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「患者さんゴメンナサイ」
 妻が図書館で新刊図書を借りてきて読んでいた。

 おもしろそーなので読んでみた。

 ドラマ化もされ単行本コミックも累計700万部を突破した『Dr.コトー診療所』の医学監修者であり、現役産婦人科医が描いた、爆笑、そして感涙のコミックエッセイ!!
患者さんゴメンナサイ-茨木 保 「お医者さんで漫画家」ってそんな人いるんだって思って読んでたら、手塚治虫氏も医学博士なんですね。

 この漫画では自分の産婦人科医になるまでの道のりを面白おかしく、また人間の命を預かるものとしての「重圧」や「葛藤」など、わかり易く描かれている。

 医療ミスやドクハラ(ドクターハラスメント)などが報道等でその部分だけがクローズアップされる中、最も高いリスクを背負いながら日々責任をまっとうする著者の意気込みや言わんとする事が伝わってくる、大変読みやすい一冊です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

プライベートメッセージにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
著者は『Dr.コトー診療所』の監修をしている産婦人科医。男性、しかも医者の書いたコミックエッセイはめずらしいですね。普段、歯医者や眼科くらいにしか縁がないので、病院行くのが怖くなったりもします。だからといって無関心ではいられません。知らない間に医療費負担
2005/09/02(金) 13:04:53 | Librarian        図書館司書の書評と雑記
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved | Written by Smiley | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。