★Smiley★の微笑み!!
読書とネットサーフィンが好きなSmileyの日々の出来事と、日常の妻との出来事をアカハダカハダカに綴ります。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「夫が職を失ったとき」
 結局本日は映画には行かず、暑いのに家でだらだら本を読んでいました。

 朝6時30分に起きたもんだから新聞も早くに読み終え、途中の本を読み終えることに成功。

 本を読み終えるのってちょっと清清しい気持ちになりますね。
夫が職を失ったとき-亀山 早苗 フリーで物書きをしている著者が連載している月刊誌の編集部から廃刊の知らせを受けたのをきっかけに、サラリーマンがリストラされた時に繰り広げられる家族劇をレポートしまとめあげたもの。

 1998年に発刊されたもので、取り上げられている対象のサラリーマンはどの方も年収1000万以上の人。子供もあり、家のローンもある状態でリストラにあった当事者と家族を取材している。

 現在ではよく聞く「リストラ」の当事者になった本人や妻、家族の心境やその後のフォローについてを検証し、これから「終身雇用」「年功序列」が崩壊していく中で「会社」に依存する事や家族の「役割」のあり方に警鐘を鳴らした一冊。

 著者は、夫婦という家族の中でお互いに強がったりせずにありのままで接し話し合うこと、フォローし合って「幸せ」をつかむことを望んでいる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

プライベートメッセージにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved | Written by Smiley | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。