★Smiley★の微笑み!!
読書とネットサーフィンが好きなSmileyの日々の出来事と、日常の妻との出来事をアカハダカハダカに綴ります。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天地の差…
 昨日は最後の平日お休みで、色々と波乱?! に満ちた一日でした。

 13日初出勤の私は、妻を職場に送り届けその足で床屋 へと向かいました。

 続いてやはり風邪の調子がイマイチなので耳鼻科に行くことにして、いつも行っている耳鼻咽喉科へ向かいました。

 ここで、ご立腹の事件が…
 街中のとあるビルに存在する耳鼻科。当然車で行ったから最寄りの駐車場 へ駐車し、院へ。
 
 失業保険の受給が2/18で終了し、3月から無収入になる為、妻の扶養に入れてもらうべく手続きしてもらっている最中で、まだ手元に保険証は来ていません。
 まぁ、とりあえず一旦10割負担しといて保険証が来た段階で精算してもらえばと思って行ったのですが…、
 以下は、私と受付のおばちゃん(以下「受」)とのやりとりです。


 (診察券をケースに入れ、お薬手帳を渡そうとする)

 受:「おかけになってお待ちくださいっ!!」

 私:「あのー、3/1付で保険証が変更になり、現在手続き中なので今日は持参していません。」

 受:「(いかにも怪訝そうな顔で)保険の種類は何ですか!!」

 私:「政府管掌健康保険です。」

 受:「証明書がでるハズですが!!」

 私:「そんなの取っていません。とりあえず10割負担で、保険証が来た段階で精算していただければ良いですから。」

 受:「それは で・き・ま・せ・ん!!」

 私:「(かなりムッとして)そうですか、わかりました。」

 ケースから診察券を回収して院を後にしました。

 この病院、別に今回が初めてって言う訳じゃないんです。
 前からこの受付のおばちゃん(多分、先生の奥さんじゃないか?!)の性格は分かっていてこんなことがありました。

 耳の遠いおじいちゃんと介護のスタッフとで診察に訪れていて、おじいちゃん耳遠いからちょっと大きな声でスタッフさんと話していたらこのおばちゃん、「もっと、小さな声で話してください。」と。
 はぁ?!って感じのおじいちゃん、怒って「耳が遠いからスタッフさんとちょっと打ち合わせしているのに何だ!!」と怒り心頭。先生も窓口にやってきたんだけどおじいちゃんをなだめる訳でもなく、おじいちゃん怒り収まらず今回の私と同様、キャンセルして帰ってしまったのです。

 そんなのを知っていたから10割負担になっても良い様にお金もそれなりに持っていったのに、それ自体否定されるなんて。

 結局、駐車代だけ損して、怒りも収まらず…。

 で結局、以前にみき坊の職場の近くを走っていて耳鼻科があったのを見ていたのでそこに行くことに。

 でも、本当は「証明書」が必要なのか?!とも思いながら、今度は初診の耳鼻科で低姿勢で、

 「初診で、3/1付で社保の変更があってまだ証が出来ていないんですがその場合はどうなりますか?」と聞くと「とりあえず10割負担してもらい、証が届いた時点で精算してくれる」とのこと。

 結果として検査とか診察を受けて先生の説明もとってもわかり易かったし、となりの調剤薬局の薬剤師さんも丁寧に説明してくれたので、結果オーライ。

 10割負担して帰ろうとしたらみき坊ちょうど昼ごはんどきで電話が来て「保険証がきたよ」とのこと。

 その足で、職場まで取りに行って、再度耳鼻科・薬局に戻り、精算してもらいました。
 たった、数時間で精算してもらって大変申し訳ないなぁとは思ったけど、受付のおねえさんは全然嫌な顔ひとつせずに精算してくれた。
 前述の病院とは180度対応が違いますね。

 たとえ、そこの病院の事務処理上対応できないにしても言い方ひとつで「まぁしょうがないか」と思えるのに、一言で「で・き・ま・せ・ん!!」何て言われたら、ねぇ~!!

 まぁ、良い病院にめぐり合わせてくれてありがとう!!って感じにしときますね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

プライベートメッセージにする
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved | Written by Smiley | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。