★Smiley★の微笑み!!
読書とネットサーフィンが好きなSmileyの日々の出来事と、日常の妻との出来事をアカハダカハダカに綴ります。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1階が雪で埋まるとき・・・私は
 いつにない大雪で各地大変なことになっている様ですね。

 北海道、札幌でもこの数日で5~60㎝は積もったのではと思うくらいです。

 でも、我が家は賃貸マンション。雪はねするのも自分の借りている駐車場周りと車に積もった雪だけ。

 最近は頻繁に駐車場内にブルが入って除雪をしています。

 さて、私が印刷会社の営業をやっていた頃のお話し。
 もう、10年くらいも前になるかな。

 札幌とかに住んでいた方で10年位前の1月だったかに見舞われた大雪をご存知ですか?

 その時のお話しです。
 印刷屋の営業と言っても定期刊行物のルート営業。

 大雪に見舞われる前日に原稿をお客様から回収してきました。

 当時、仕事を家に持ち帰って預かった原稿を整理して翌日に現場に下ろすなんてことは日常茶飯事でした。

 まだ20代だったから深夜残業も難無くやっていたなぁ…。
 午前3時位まで会社にいて一旦帰って普通どおり出勤するなんて結構ザラだったかも…。

 今やれと言われたら「絶対無理!!」

 まぁそんな事はよいのですがその日(大雪の前日)も仕事を持って帰ったのです。

 当時、実家から通っていて朝起きると父と母が「雪で玄関が開かない」と言うのです。

 「何を!!」と思ったのですが、なんと一軒屋の1階部分がすっぽりうまっているではありませんか。

 父がなんとか玄関の扉を開け、雪をはねていました。

 私はとりあえず身支度をしてバス停まで行きましたが同じ様にバスを求む人達は「走ってないよ~」という表情。

 私はこの時、不謹慎にも喜んで しまったのです。
 公然なる理由をもって仕事をサボれる、と考えたからです。

 結局家に戻り、会社に連絡をし、家でするハズだった仕事をとりあえず終え、雪はねを手伝ったのでした。(仕事してなかったのかよっ )

 昼位に状況うかがいに電話 をしたところ、私より僻地に住んでいる人が会社にいて私の電話を受けているではありませんか?!

 聞くと総務の常務は私の家の近く(車で15分位)で歩いて出勤したと言うのを聞いて、

 「ヤバイ!!」と思って家を飛び出た のでありました。

 そんなこんなでその日はほとんど仕事になりません。お客さんのとこへ行っても話題はひとつ、「いや~、ひどいですねぇ…」

 で、その日の晩どんな状態になってんだろうと考えつつ家路につくと、実家の前の道路、直線のはずなのに途中でくねっと迂回して除雪されている。

 なぜかと母に尋ねたら、何とそこには軽自動車がすっぽり埋まっていたそうな。
 そこを除雪車は避けて行ったらしい。

 今思うと父はどうやって玄関の扉を開けたんだろう
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ごめん、笑った
おばちゃん読んで、Smileyさんが仕事休める嬉しさを思わず想像して笑いが出てしまった、本当大変でしたしょう、今年は、おばちゃんも子供の時の豪雪を思い出します。雪も怖いですね・・・・
2006/01/11(水) 00:04:17 | URL | 大阪のおばちゃん [ 編集]
すごい
そんな雪 実際にみたことないし・・・
こっちでは 雪が降ると ひどく大荒れに降るとだけど
学校はお休みになる♪
学校だけね!! 小学生でも高校生でもない立派な大人のわたしは・・・
何だよ・・・と文句たらたら
僻地から出社してる方 偉い!(笑
でも~わたしもSmileyさんタイプ♪ ラッキーってノンビリしちゃうね♪
怒られなかった??どきどき
2006/01/11(水) 09:22:50 | URL | 杏 [ 編集]
コメントありがとうございます。
>大阪のおばちゃん
 僕も当時は気分が学生?!だったのかもしれませんね。でも、当時ホントに喜んだんだもの!!
 雪は怖いですね。音もなく…深々と…v-12

>杏さん
 そうでしょっ!!
 その日は私がはっちゃきこいて会社に行っても結構来ていない人がいたりで結構、普通じゃない状況に楽しんでいましたよ。
 ところで私が中学の時、片道30分歩いて通っていたんです。で、外が吹雪いていたりすると昼休みに「緊急職員会議」が招集されて、すごいウキウキしたものです。
 で、集団下校ってことになるんだけど絶対、吹雪最好調の時に下校させて帰るとすっきり晴れたりするんですよねぇ。v-7
2006/01/11(水) 16:31:06 | URL | Smiley [ 編集]
ありましたね~
ありましたね、そんな事。
我が家も当時、一軒家に住んでいて玄関が開かなかった記憶があります。
なのに新聞が入っていて「さすが新聞屋さん!」と
変な所で感動しました。
夫は、どうやって出勤したんでしょう?
その記憶は何故か、ありませ~ん!
2006/01/11(水) 18:57:35 | URL | マコレハム [ 編集]
想像を絶する
大雪だったんですね。
こっちでは絶対にお目にかかれないや。
この時期だと雪掻きが日課って感じなんでしょうか?
いつか北海道に行ってその豪雪を体験してみたいですよぉ。
そうそう。
公共機関が止まって仕事休みになるとラッキ~て思わずにはいられんよねぇ(笑)
2006/01/11(水) 22:15:36 | URL | えみりん [ 編集]
コメントありがとうございまーす。
>マコレハムさん
 そうそう!!なんで思い出せないんだろう?!
 マコレハムさんも当時、北海道にいたんだぁ。
 新聞が入っていたって言うのも「ミステリー?!」ですねぇ。新聞配達員の執念?!ですかねぇ。

>えみりんさん
 そうなんですよ、あんな経験はなかったですね。思わず喜んじゃったくらい?!ですから!!
 そうですよ、だって足がなくなるんですから…。
 そうだ、えみりんさん、北海道のJRとかでは、雪で定刻に停車しなかったりすると、駅員さんに言って「遅延証明書?!」だったか出してくれるんですよ。
 それを免罪符の様にもって学校に行ったり職場に行ったりするものなのです。
2006/01/11(水) 22:30:46 | URL | Smiley [ 編集]
コメントを投稿する

プライベートメッセージにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved | Written by Smiley | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。