★Smiley★の微笑み!!
読書とネットサーフィンが好きなSmileyの日々の出来事と、日常の妻との出来事をアカハダカハダカに綴ります。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小さな政府、大きな政党…
 小泉内閣、ただいま「小さい政府」政策実行中。

 そんな中、自由民主党が11月15日に立党50年を迎え、11月22日に記念党大会が開催された。

 さてさて、今や国民的英雄?!となった杉村太蔵議員

 立党50年宣言をやってのけました。
 ここまで来たらどうひいき目に見ても、自民党の広告塔にしか見られません。

 太蔵議員がいくら「ニート・ひきこもり」の人達の話しを聞きたいと言ってもやりっ放し。当人のブログを見ても、何も関連することは書かれていません。

 公設第一秘書もみつからない状態で自らの志を国会にぶつけると言うことは無理なんでしょうね。

 さて、政府は小さくし地方の権限を!!と言っていますが、自民党自体は中央集権化していますね。
 実際に地区の支部の人事権を本部で動かせる法案も作ったらしいですし…。
 私の勝手な考えですがそうやって、地方の自民党議員が本部の意思を受け、地方で幅を利かせるんでしょうか?

 もしそうだとしたら、とんだ見かけだけの「小さな政府」です。
 そんな状態でツケが回ってくるのは、末端の国民です。

 現に今回の「首都圏マンションの構造計算偽造」に関しても、以前は地方で1棟につき、何日もかけて審査をやっていたものを許認可制にして、民間でやる様になった。そこまでは良い。
 お国がやることを変わって民間がやるのなら、国がその費用を払わないと公正がたもたれないでしょう。

 結局の所、検査機関にしてみれば、検査依頼してくる会社がお客様なんだから利害関係が生まれ、公正な審査が出来なくなるのはあたりまえですね。

 しかも、通常、施工する際の設計書一枚一枚にちゃんと認定を受けた印である「認定番号」がついていなければならないのを業界では知ってて当然の事でそれを誰も「おかしい」と疑わず施工してしまった時点で誰もが暗黙の了解の下で進めたんでしょうね。

 結局、悪徳リフォーム同様、やられた方が損をするっていう構造になるんです。
 既に関係した建設会社の1社が不渡りを出しているとか…。

 それにしても、偽造した一級建築士は問題外ですが、検査機関の言い分が「我々がきちんと審査した結果、こういう事態が明らかになった」って物が建ってしまって入居している状態でいけしゃーしゃーと言う事事態がおかしい。

 国も、施工前と施工後の2度の検査を義務付けているなら別々の業者の検査を義務付けるなどあらゆる事態を想定して法案化しなければならない。

 今年のアスベスト問題に続く、2大ニュースになりそうですね。
 そうして、国民の血税が使われていく。国の政策の不作為で。
 
 ホント、これからは自己責任の時代ですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
全く関係ないのですが
このブログに関係ないのですが
私のブログの方にもかいたのですが
「GOOD LUCK」の作者がもしわかれば教えて下さいv-421
2005/11/23(水) 19:51:35 | URL | みぃー [ 編集]
妻が…
みぃーさんのページでコメントしてましたね。
書店でよく目にする緑の表紙の本ですよ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4591081451/qid=1132750319/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-4199895-7534629
2005/11/23(水) 21:52:21 | URL | Smiley [ 編集]
コメントを投稿する

プライベートメッセージにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved | Written by Smiley | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。