★Smiley★の微笑み!!
読書とネットサーフィンが好きなSmileyの日々の出来事と、日常の妻との出来事をアカハダカハダカに綴ります。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己負担4割超??…
 11月10日の北海道新聞で「自己負担4割超に」と言う見出しが1面に出ていた。

 政府が年内の取りまとめを目指す医療制度改革で焦点となっている「医療保険免除制」の導入についてである。

 全国保険医団体連合会が免除制を導入した場合にどれだけの個人負担増になるかを計算したものだ。
 以前、免除制についてちぃとご紹介したこともありますが、私の認識違いみたいですね。

 まぁ、まだ就任したばかりの川崎厚生労働大臣はこの医療費負担について「マキシマム(最大限)まできたとは思っていない」と述べて導入に含みを持たせているが…。

 例えば、医療費が3,000円かかった(10割で)場合、まず3,000円から最低自己負担額の1,000円を引く。
 引いた2,000円が3割負担の扱いとなり、600円と最低自己負担額の1,000円を足して、1,600円を病院で支払うこととなる。(今まで通り3割負担なら900円)

 ちなみにただの4割負担では、1,200円なので当然、免除制を導入した場合の方が高くなる計算なのだ。

 国の収入の4割が医療費で使っていると言うのはどの番組でも語られているが、消費税増税より先にこの制度が導入される?!かもしれない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
確かに
医療費が膨大だというのは解るけどだからといってどんどん自己負担分を増やすというのはどうなんでしょう??
自己負担分を増やす前に何か出来る事は無いんでしょうかね・・??
2005/11/16(水) 16:46:01 | URL | cherio [ 編集]
う~ん…
多少は医療費全体も下がることが挙がっているけど結局負担は増えるんだろうね。
今の小泉内閣が色々と「改革?!」を進めていて一見、「おっ、やる気になれば出来るじゃん」って思える部分もあるけど、政治の世界には裏と表があるから、裏では何をたくらんでいるのかわからないよね。
2005/11/16(水) 20:15:17 | URL | Smiley [ 編集]
4割だなんて
自己負担も増えるし、保険点数も来年からまた上がるし、患者の負担が増すばかりで、本当に病気でつらいときでも受診を我慢しそうでいやだなー。
誰のための改革なんだろう?
2005/11/16(水) 21:27:50 | URL | えみりん [ 編集]
そうなんだー。
 保険点数も上がるんだー。
 いま盛んに点数の引き下げがとりだたされて入るけど、あれはまだ国会とか通ってないものね。
 あげたり下げたり、事務方にとっては面倒だね。って言うかシステム開発(病院用端末の)している人達が大変なのかぁ。

 結局えみりんさんの考えている通り、ちょっとした事では行かなくなるよね。でも、悪化してからかかったらもっと出費がかさんじゃうよう!! 悪のスパイラル?!って感じですね。
 まぁ、日々の健康管理に尽きるんでしょうか?
 まぁ病院側からすれば毎日の様に日課みたい形でやってくるお年寄りが減るのは良いのだろうけどね。
2005/11/17(木) 07:51:36 | URL | Smiley [ 編集]
それがそれが
たとえば、整形外科だと毎日やってくるリハビリ患者さんがありがたかったりするんですよ。
しかし、整形分野の再診料なども数年前に見直されて今はとっても大変みたい。
去年一昨年は歯科がそれでやられたし、来年は神経かも「精神療法」の点数が下がるし、経営も大変みたいです。
(点数下がっても負担割が上がれば意味ないしね)
2005/11/17(木) 10:06:56 | URL | えみりん [ 編集]
そうですね。
結局、国の財政を…って観点で考えるからお医者さんにも患者さんにも「痛み分け」が来るんですね。
何か今日の新聞で免除制導入についての論議は持ち越しになったみたいです。
まぁ、健康?!が一番ですわね。
2005/11/17(木) 17:28:09 | URL | Smiley [ 編集]
コメントを投稿する

プライベートメッセージにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved | Written by Smiley | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。