★Smiley★の微笑み!!
読書とネットサーフィンが好きなSmileyの日々の出来事と、日常の妻との出来事をアカハダカハダカに綴ります。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目を疑う?! 人事院勧告…
 年間平均4,000円の減少ってありえる?!
★人勧の完全実施を決定、国家公務員の年収4,000円減★
 政府は28日午前の給与関係閣僚会議と持ち回り閣議で、2005年度国家公務員一般職の給与改定や給与制度の抜本的制度改革に関する人事院勧告を、完全実施することを決めた。
 勧告の完全実施で、今年度の国家公務員の平均年収は前年度より4,000円の減少となる。政府は特別国会に一般職給与法改正案など関連法案を提出する。
 人事院は8月15日、(1)月給を平均1,389円(0.36%)引き下げる (2)期末・勤勉手当(ボーナス)を0.05か月分上げて年4.45か月とする (3)抜本的な制度改革に取り組む―などの内容を内閣と国会に勧告した。(読売新聞09月28日 13時26分)


 →月額4,000円じゃなくって年収4,000円ですことよ!!
  これ、誤植じゃないよね

 しかも、こんな関連記事もあるよ!!

★最高裁判事退職金3分の1★
 最高裁は28日、最高裁判事15人の退職金を現行の3分の1程度に引き下げることを決めた。また政府が国家公務員の給与構造改正などを求めた人事院勧告の完全実施を決めたことを受け、全国約3200人の裁判官給与についても大都市勤務者に手厚い「地域手当」を導入することを決めた。同日の裁判官会議で決定。近く法務省が関係法の改正案を特別国会に提出し、来年4月から導入する。(共同通信09月28日 13時45分)


 →これで、「官も痛みを感じた。だから民(増税)も」って言われたってだまされないぞ!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

プライベートメッセージにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved | Written by Smiley | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。