★Smiley★の微笑み!!
読書とネットサーフィンが好きなSmileyの日々の出来事と、日常の妻との出来事をアカハダカハダカに綴ります。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雑  感…!!
 さてさて、今日は新聞などから思った事を記してみたいと思います。
---------------------------------------------
 9/19日朝刊4面で「定率減税廃止 自民07年にも」と言う見出しで、、谷垣財務大臣が「かなり多くの国民の間に『増税も必要なんじゃないか』という気持ちがあったと感じる」と記者会見で述べているそうだ。
 摩邪に言わせれば「はぁ~っ??」って感じですね。
 →いま発足したばかりなのにもう07年の増税をはっきり言ってしまうのは、「労せずして得をとれ」って感じでしょうね。
 9/18だったかの新聞では公務員の待遇検討として人件費削減・人員削減が言われていますが、杉村議員の年収2500万で驚いてはいけません。
 中央に勤める官庁の幹部は議員以上の高給取りだとか…(政治の数字 伊藤 惇夫著から)。法案の原案とかもこの「中央官庁」が作成するから自分達には甘く…って案が作られるんですね。

---------------------------------------------
 同じく9/19日の7面で政策研究大学院大教授の飯尾 潤氏が「改革は新たな信頼関係で」の中の見出しで「有権者は株主」とある。
 →株と言うのは自分が選んだ投資先に投資するもので、税金は憲法による「納税の義務」によって強制的に徴収されたいわゆる「年貢」の様なもの。
 株を買ったのとは意味が違う。まあ、書かれている内容的には間違ってはいないが、結局予算を作るのも執行するのも「公」の人々で実際にどう使われているのかもオープンになっていないし、地域で開示請求したって殆ど黒塗りで調べようのない書類が出てきたりで「不振」以外のなにものでもない。

---------------------------------------------
 9面の紙面フリートークでは、40代の女性が社会保険庁の窓口で「あなたの支払期間では受給できない」と言われたものの疑問に思い、再訪問して別の担当者に聞いたところ、親切に助言してくれて、受給資格があることがわかったことが投稿されていました。
 →全ての公務員が怠慢な訳ではありません。一生懸命、国民の為に働いている公務員の方々は沢山おります。
 そんな中、かつて多くの地方自治体で「窓口手当」というのが支給されていたとのこと。これは国家公務員に対して、「著しく危険、不快な職務に従事」した場合に「特殊勤務手当」が支給されていたことを地方自治体が拡大解釈して真似をし、窓口で住民の相談に乗ったり、印鑑証明を発行している窓口業務を担っている職員に支給されていたのだと。(政治の数字 伊藤 惇夫著から)

---------------------------------------------
 広島6区の小選挙区選で亀井 静香氏と戦った堀江 貴文氏、結局26,000票の大敗してしまいました。
 9/18日のサンデージャポンで放映されてましたが、開票結果を選挙事務所で見守るホリエモン、落選確実がわかった段階で、支持者や報道陣に会見をするのかと思いきや、選挙事務所の人が出てきて、「落選に対する記者発表の予定はありません。」と言い放った。
 それはないだろうと怒った記者陣(ある記者は「あっ、でたよ!!」って言ってた!!)に対し渋々?!ホリエモン出てきて「申し訳ありませんでした(当選できなくて)」会見。
 →あまりにも国民をバカにしていますね。けじめってのをキチっとつけないと…。
 彼曰く、「また出馬しますから」とは言うものの、何か空しく聞こえてなりません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

プライベートメッセージにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved | Written by Smiley | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。