★Smiley★の微笑み!!
読書とネットサーフィンが好きなSmileyの日々の出来事と、日常の妻との出来事をアカハダカハダカに綴ります。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「国家は泥棒」論・・・
 もう、毎日毎日「自民」「自民」で新聞を読むのもどうでもいいや~と思ってきました。
 今日なんかは読む時間が半分に短縮です。

 本日の道新の卓上四季で、
 「同じ小選挙区制の英国でも落下傘候補は珍しくない。出馬を望む人に対する審査はしかし、極めて厳しい」とある。
 国家公務員になるにも試験や面接があるのに、その上の国会議員は人気があるだけでその土地に縁もゆかりもない人が「ひょい」と現れて人気だけで当選させていいものなのだろうか…

 まっ、誰が当選しようが世の中を動かしているのは各省庁の幹部職員他であって、彼らから出た原案を各議員の私利私欲や地域の思惑等を鑑みて通すか通さざるかを決めてるんでしょうね。

 同じ道新の「ひろ さちやのほどほど人生論」では、誰かが言っていた言葉紹介し、
 「近代国家は納税の義務でもって国民の財産を奪い、教育の義務でもって魂を奪います。まことに質(たち)の悪い泥棒です。」っとね。

 まったくその通りだと思いますね。

 さっ、新聞を読む時間を読書に当てよう
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

プライベートメッセージにする
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved | Written by Smiley | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。